<< 会費ご集金のお知らせ | main | 三重花連たより >>

三重花連たより 7月23日号

 

三重花連たより  2010,7.23      

今年度の大会は、10月21日(木)歴史ある、桑名・六華苑にて

      大会テーマ  「歴史と華舞う」

  7月6日、三重花連の総会が津のアスト津にて行われました。

21年度の事業報告・会計報告および22年度の計画と予算案が審議され可決されました。

 そして今年度の第29回大会は桑名の六華苑で行われることとなり大枠としての計画が

発表され、下記の方向でいくことが了承されました。

  

   日時 10月21日(木)  場所 桑名市 六華苑

   事業内容  ・ フローリストコンテスト

        大会セレモニー

        苑内散策・お茶会・連鶴折り紙教室

        三重カップファイナル

        懇親会

       (詳しくは後ほどプログラム等でお知らせいたします。)

  歴史ブームとなっている今日この頃、国の重要文化財であり県と市の有形文化財でもある

 六華苑で歴史にひたりながら私たち自らがお花の良さを再認識することが、お客さんへお花をアピールできる力を育むものと思います。是非参加できるよう日程をご調整下さい。

三重花連、今後の問題点

  まずは財政です。各組合での会員数の減少により会費の減少傾向が顕著です。ピーク時には

 260名を数えた会員数も現在は200を割り込んでいます。会員の高齢化と経済の悪化に

 よる減少と組合離れによる新しい会員が増えないことが原因です。

  大会もここ数年、会場費を抑えたり経費を削ったりして以前の120万円ほどの予算から今は80万円まで下げてやっと帳尻を合わしています。開催地にも予算を圧縮することにご協力いただき本当に助かっています。今後は新会員の加入促進を各組合にお願いすることと事業の見直しを進めなければなりません。

 

  次に検討課題となっているのは、生花辞退の件です。

 三重県下全体に連絡を流す場合、現在は該当組合からの辞退連絡の申し出を受け、会長から

各組合長に連絡し、そこからFAX等で各会員に連絡していただいています。

 これを近い将来、事務局からFNETにて一括FAX送信して組合長の負担を減らすとともに連絡の徹底を計りたいと考えています。ただしこれには経費がかかります。

 辞退料の問題とともに難しい問題だと言えますので継続して審議していきたいと思います。

 

 三重花連の活動はあくまでも会員のためのものでなくてはなりません。それは各店の利益に直結するものではないかもしれませんが、会員の代表として時には行政や他団体とも交渉し、会員がスムーズに仕事をこなせるように頑張る所存ですのでよろしくお願いいたします。

karen2 * - * 16:23 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ